健康のために正しい飲み方を

健康的な生活を送るためにおすすめなのが、正しい水の飲み方を心がけることです。水を飲むのは良いと言われていますが、大量に一気に飲む飲み方は効果があまりなくこまめに何回にも分けて飲む飲み方が健康のためにも理想とされています。とくに理想とされているのがコップ半分くらいの水を30分おきを目安として飲む方法です。これはあくまでも理想であり、日中仕事をしている場合は実行するのが難しいと言われています。30分おきに飲むことが難しいけれど健康を意識したい場合は、コップ1杯の量を1日に7~8回飲むように心がけましょう。喉が渇いたときは1回に飲む量をコップ2杯にすると良いでしょう。喉が渇いたときは身体が水分不足になっているサインでもあるため、健康のためにも喉の渇きを感じる前にこまめに飲むことが大切です。特に加齢と共に喉の渇きを感じにくくなると言われているため、意識的に飲む要にしましょう。また、人は睡眠中に多いときは1リットルほどの汗をかくといわれており、起床時には身体は渇き血液は濁った状態になっていると言われています。血液中のナトリウム濃度が高くなると血管が詰まりやすくなるため、健康のためにも就寝前にコップ1杯の水を飲むことを心がけるようにしましょう。

バックナンバー

健康を知る情報

↑PAGE TOP