水は健康の最大の味方

人間の体の約65%は水分できているため、水と人の体の健康には深いつながりがあります。毎日適切な量を摂取することで体液や血液の流れがスムーズになり、細胞を若々しい状態に保つことができます。糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。健康維持のためには水分補給がかかせませんが、たくさんのミネラルウォーターが販売されているのでどのような選び方をすれば分からないという人も多いと思います。どんな種類のものを選べば良いのでしょうか。健康維持はもちろん、老化の進行を防いで細胞を若々しく保ちたいという人は弱アルカリ性のミネラルウォーターを選ぶと良いでしょう。弱アルカリ性のミネラルウォーターは体内の酸化を防ぐ効果があるので老化の進行を防いでくれます。生活習慣病の予防やカルシウム不足が気になるという人はカルシウムを多く含んだ硬水がおすすめです。健康のためにカルシウムを定期的に摂取すると、血中のカルシウム量を一定に保つことができ、成人病などの予防に役立ちます。また、ミネラルを豊富に含んだミネラルウォーターを摂取すると体全体の細胞へ必要な栄養素や酸素を送り届けることができるので、健康維持や長寿に効果的です。市販されているミネラルウォーターには様々な種類がありますが自分に適した選び方をすることで良い生活習慣を身に付けることができます。毎日なんとなく水を飲むだけではなく、選び方にもこだわってみてはいかがでしょうか。

バックナンバー

健康を知る情報

新着情報

↑PAGE TOP